人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Completely / Shane Filan

Completely / Shane Filan



I don't want you to hold my hand
I just need you to understand
It's all up in my head, I'm making no sence
But I'm trying to figure it out
Cause it's something I never said
手を握らなくていい
わかってくれたらいい
頭の中は一杯
理解出来ないけど見つけたい
言わなかった言葉を

I'm so scared, I can't run I can't hide anymore
I'm falling so deeply
I love you completely
And I can't find what I know is beyond my control
Surrender so easy
I love you completely
I love you completely
とても怖い
逃げられない
隠れられない
夢中だよ
完全に愛してる
見つからない
思い通りにならない
だけど諦められない
完全に愛してる
完全に君を愛してる

Baby I for it is said too much
Baby I haven't said enough
I'm just been on this
My heart's in chaos
And I'm trying to get the words out
Cause I've never felt like this
言い過ぎたり
言葉が足りなかった
当然さ
心はカオス
何とか言いたかった
こんな気持ちは初めてだから

And I'm so scared, I can't run I can't hide anymore
I'm falling so deeply
I love you completely
And I can't find what I know is beyond my control
Surrender so easy, I love you completely
とても怖い
逃げられない
隠れられない
夢中だよ
完全に愛してる
見つからない
思い通りにならない
だけど諦められない
完全に愛してる
完全に君を愛してる

I love you completely
I love you completely
I love you completely
I've never felt like this
Oh I've never felt like this
完全に愛してる
完全に愛してる
完全に愛してる
こんな気持ちは初めてだから
こんな気持ちは初めてだから

Cause I'm so scared, I can't run I can't hide anymore
I'm falling so deeply
I love you completely
すごく怖い
逃げられない
隠れられない
夢中だよ
完全に愛してる





■拍手ボタンでやる気が!
対訳を気に入ったら、拍手ボタンを♪
モチベーションが違います!

■曲はひとつの物語
翻訳は訳した人の数だけあります。
まず曲がどんな物語なのかを探るため直訳します。
内容と離れている場合、前後の文章を参考にしたり、熟語にして別の表現を探します。

■なるべく主語は省略する
主語が「明白な場合」には、なるべく省略しています。
ただ、韻を綺麗に踏みたい時は、主語をそろえたりしています。
「しばしば」「多くの」など直訳的表現も基本的に避けています。

■精度は期待しないでね
他に素晴らしい和訳をされている方も沢山いらっしゃいます。
正確さを求めるなら、歌詞カード付きの日本版CDの購入がおすすめ!

Commented by hanuwl at 2020-03-22 12:44
Shane Filan、Westlfe大好きで良く聞きますが、意味が分からない部分もあって、どうしても知りたくて閲覧させていただきました。素敵な和訳を有難うございます!!意味が分かって歌を聞くの感動します。本当に有難うございます。
Commented by kilioandcrow at 2020-03-25 11:10
> hanuwlさん
ありがとうございます。
私もwestlifeが大好きでほぼ対訳出来ているかと思います。
by kilioandcrow | 2021-05-08 05:33 | Shane Filan | Comments(2)

洋楽の歌詞対訳、歌詞和訳を中心にマイペースで進めていきます


by キリオ