Stranger Than Love / Harem Scarem

Stranger Than Love / Harem Scarem



Any night that you're lonely
Can be the night
Your conscience
Gets a little too much
You're torn by your freedom
You're safe in chains
Is you life made of diamonds or dust
寂しい夜は
良心が少し過ぎる
夜かも知れない
自由だと不安になって
繋がれていれば安心する
君の人生って
ダイヤかゴミで出来てるの?

Would you surrender it all
I gotta know
全部捨てないの?
知りたいよ

Do you want my touch
Would it hurt too much
There's nothing stranger than love
Do you want (Do you want my touch)
Do you feel (Would it hurt too much)
There's nothing stranger than love
Do you want my love
触れて欲しい?
それだと傷つける?
恋より不思議なものはないよ
欲しいの?(触れて欲しい?)
感じる?(それだと傷つける?)
恋より不思議なものはないよ
愛が欲しいのかい?

In times of confusion
We never know
If the emotions we feel are enough
And then out of nowhere we remember
That there's nothing stranger than love
混乱してる時は
わからないものさ
感じている感情が十分かなんて
そしてどこからともなく思い出す
恋より不思議な事がないことを

Would you surrender it all
I gotta know
全部捨てないの?
知りたいよ

Do you want my touch
Would it hurt too much
There's nothing stranger than love
Do you want (Do you want my touch)
Do you feel (Would it hurt too much)
There's nothing stranger than love
Do you want my love
触れて欲しい?
それだと傷つける?
恋より不思議なものはないよ
欲しいの?(触れて欲しい?)
感じる?(それだと傷つける?)
恋より不思議なものはないよ
愛が欲しいのかい?

Between the two of us
You know it's more than enough
二人の間には
十分過ぎるものがあるでしょ

Do you want my touch
Would it hurt too much
There's nothing stranger than love
Do you want (Do you want my touch)
Do you feel (Would it hurt too much)
There's nothing stranger than love
Do you want my love
触れて欲しい?
それだと傷つける?
恋より不思議なものはないよ
欲しいの?(触れて欲しい?)
感じる?(それだと傷つける?)
恋より不思議なものはないよ
愛が欲しいのかい?



基本的にメロハー好きな私。

カナダ出身の彼らはファンサイトを作るくらい大好きなアーティストです。

ハリーの歌詞って結構難解なんですよね。
独特の世界観があるっていうか。
孤独な夜でも夜は夜みたいな。

■曲はひとつの物語
翻訳は訳した人の数だけあります。
まず曲がどんな物語なのかを探るため直訳します。
内容と離れている場合、前後の文章を参考にしたり、熟語にして別の表現を探します。

■なるべく主語は省略する
主語が「明白な場合」には、なるべく省略しています。
ただ、韻を綺麗に踏みたい時は、主語をそろえたりしています。
「しばしば」「多くの」など直訳的表現も基本的に避けています。

■精度は期待しないでね
他に素晴らしい和訳をされている方も沢山いらっしゃいます。
正確さを求めるなら、歌詞カード付きの日本版CDの購入がおすすめ!
by kilioandcrow | 2017-05-11 06:07 | Harem Scarem | Comments(0)

洋楽の歌詞対訳、歌詞和訳を中心にマイペースで進めていきます


by キリオ